靴の製法【グッドイヤーウェルト】

2019.04.23 |

靴は底付けの仕様により数種類の製法があります。
その一つであるグッドイヤーウェルテッド製法とは?

 

靴のアッパー部分とインソール(中底)、そしてウェルトをすくい縫いによってつなぎ合わせ、その後アウトソールとウェルトをつなぎ合わせています。インソールとアウトソール(本底)の間にコルクを詰めてありこれが履き心地を良くしていますし、 このコルクが履き心地の要といえますね。

又、アッパー部分とアウトソール部分が直接つながっていませんので、ウェルトから下、アウトソール単体の交換が可能です。すなわち、修理しながら長く履けるよう工夫された作りです。

 

多くの紳士靴に使われていて例えばスコッチグレイン、オールデン、
チャーチ、まだまだ沢山ございますが、靴の製法としては素晴らしい製法の一つです。